ネットワークビジネスにハマっている女性の特徴14選!誘いにくい人の共通点も紹介

女性からの勧誘が多いと言われているネットワークビジネス。

化粧品、日用品、健康食品など、女性向けの商品も多めなので、女性の比率が高くなっているのかもしれませんね。

マッチングアプリで出会った人が勧誘目的だったり、久しぶりに連絡をくれた友人が実はビジネスの話だったり。

実際に、突然の勧誘に戸惑った経験はありませんか?

実は、ネットワークビジネスにハマる女性には、ある共通点が見られるんです。女性の特徴を知っておけば、トラブルを未然に防けるかもしれません。

今回は、ネットワークビジネスにハマる女性や、誘いにくい人の特徴を解説します。

ネットワークビジネスで成功している女性の共通点も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事をおすすめする人
  • 女性からの勧誘手口を知りたい人
  • トラブルを未然に防ぎたい人
  • マッチングアプリや友人からの突然の誘いに警戒心を持ちたい人
  • ネットワークビジネスの勧誘に悩まされている人

関連記事

ネットワークビジネスをやってる人の特徴7選|顔つきや洗脳されやすい人も紹介

ネットワークビジネスの何が悪い?問題点や論破したい人への解決法

ネットワークビジネスをやってる人の特徴7選|顔つきや洗脳されやすい人も紹介

ネットワークビジネス成功者一覧|日本・世界ランキング

もくじ

ネットワークビジネスにハマってしまう女性の特徴5選

ネットワークビジネスにハマってしまう女性の理由って気になりませんか。

ネットワークビジネスって良い印象があまりないイメージ

リスクがあるのになぜハマってしまうのか気になるよね!

ここでは、ネットワークビジネスにハマってしまう女性の特徴についてまとめてみました。

ネットワークビジネスにハマってしまう女性の特徴5選
  • 承認欲求が満たされるから
  • 副業として都合がいいビジネスだから
  • 人とのつながりを求めているから
  • はじめは怪しいと疑っていた人
  • お世話になっている人から紹介された

 承認欲求が満たされるから

急に友人のSNSがネットワークビジネス関連ばかりの投稿が増えて、驚いてしまったという経験はありませんか。

SNSは、美しい自分を簡単に発信できる場所。さらに多くの人からの反応も得られるので、承認欲求を満たす場としてはピッタリですよね。

「いいね」やコメントが増えていけば自信にもつながります。

オシャレなデザインだと周りの反応も良いよね!

美意識の高い女性ほど、SNSを活用して承認欲求を満たしているのかもしれませんね。

ただし、SNSで勧誘したり、広告を載せたりするのは「特商法」と「薬機法」で規制されています。

SNSでビジネス活動するときは、注意しましょう。

 副業として都合がいいビジネスだから

副業を探している人は、ネットワークビジネスにハマりやすい傾向にあります。

ネットワークビジネスのメリットをまとめてみました。

項目内容
初期費用製品やサービスの購入費のみ
低リスクで始められる
人件費・事務所費自分一人で運営可能
事務所も自宅兼用で対応できる
法人化する場合も自宅が本店の一人会社で可能
収入の安定性権利収入により半自動的かつ継続的に収入が得られる
アフィリエイトサイトよりも安定した収入が見込める
検索アルゴリズムの変更による影響を受けにくい
時間の自由度集客作業は夜間や休日などのスキマ時間で行える
本業が多忙な時は副業を放置できる
余暇を存分に楽しむことが可能

事業を開始しても、収入が安定するまでには時間もかかります。

営業をするわけなので、勧誘による人間関係の悪化リスク、初期の時間と労力、ノルマ未達成による精神的ストレスなどもあります。

決して「楽に始められるビジネスではない」という側面も理解しておきましょう。

 人とのつながりを求めているから

社交的で、人と交流することが好きな人は、ネットワークビジネスにハマりやすいかもしれませんね。

ネットワークビジネスの製品の中には、製品をつかった料理の提供や、講演会などもあります。

健康志向が強い高齢の方は、心のよりどころになるのではないでしょうか。

「製品を通じて多くの人とつながれる」という思いから、愛用者からビジネスに切り替える方もいます。

 はじめは怪しいと疑っていた人

ネットワークビジネスと聞くと、はじめは「怪しいビジネス」と思う人がほとんどではないでしょうか。

実際に勉強会や食事会に出席して、5大栄養や講師の話を聞いていくうちに、「これまでの食生活や生活習慣が間違っていた」と気づかされる人も。

中には「うちの製品だけを使っていればOK」とオーバーな発言をする会員もいるようですが、セミナーを受講して納得した人はハマってしまうようです。

ネットワークビジネスは、怪しいセミナーも存在しているのも事実です。

  • 断っているのに参加を募ってくる
  • セミナーの内容があいまいである
  • 講師の経歴や実績が不明である

ネットワークビジネスであっても、講師側は参加者に信頼してもらえるよう自分の情報を開示しているはずです。

逆に調べても出てこなかったり、実績や経歴が載っていなかったりする場合は、怪しいと疑うべきでしょう。

 お世話になっている人から紹介された

よくあるのが、大手企業に勤めている先輩からの紹介ではないでしょうか。

はじめは先輩の肩書や環境にひかれて慕うようになり、次第に先輩のビジネスに興味を持ち始めてハマってしまったという流れですよね。

一流の企業に勤めていたら信頼しちゃうかも

大学名でひかれる人も多いみたい

「こんなにすごい人が参加しているんだから大丈夫」という心理になってしまうのでしょうね。

逆にSNSで知り合い、セミナーに参加した方はハマらない人が多いようでした。

ネットワークビジネスで勧誘目的の女性の特徴9選とは

上記では、ネットワークビジネスにハマってしまう女性について解説してきました。

あとはビジネスを成り立たせるために、実践あるのみですよね。

ここでは、勧誘するためにどのような方法を取り入れているのかをまとめてみました。

ネットワークビジネスで勧誘目的の女性の特徴9選
  • お茶会、ランチ会などを開催する
  • 「夢」や「目標」について尋ねてくる
  • ぜいたくなライフスタイルを強調する
  • 上位会員に会わせようとする
  • SNSでポエムを書く
  • ファストフード店でミーティングしている
  • 「旅」「ビジネス」「スキマ時間」などのキーワードが並ぶ
  • すぐにLINEの交換を求めてくる
  • DMでの質問が多い

お茶会、ランチ会などを開催する

SNSで発信するのも大切ですが、リアルな人とのつながりも大切ですよね。

小規模なイベントを開催して人脈を広げていく方もいます。

おいしい食事でも良し、手作り料理でもてなすのも良し、気軽に話せる場所を提供して楽しんでもらうのが目的です。

小規模だと一人一人じっくりと話せますからね。

人口が少ない地域は保守性が強い傾向もあるので、集客に苦労している方も。

ネットワークビジネスは、人口が多い都市部や地方都市が向いているかもしれません。

「夢」や「目標」について尋ねてくる

勧誘してくる女性の中には、「夢」や「買いたいもの」を尋ねてくる場合も。

相手に人生の夢や目標があれば、「ビジネスに参加すると解決できるよ!」と促せますよね。

あまりにもしつこいと「マニュアルでもあるの?」と疑っている方も。

夢!夢!夢!には要注意!

SNSのDMでも「夢」や「目標」を尋ねてくるフォロワーさんもいます。

ぜいたくなライフスタイルを強調する

セレブのような暮らしぶりを見て、「うらやましい」と思った経験はありませんか。

ネットワークビジネスで成功している女性は、「成功者」のイメージを伝えるために生活スタイルを披露している人も。

豪華な生活を見せるのも仕事の一環?

「ビジネスに参加したら同じような生活ができるんだ!」とアピールしているのかもしれませんね。

ブランド物や高級車など、ぜいたくなライフスタイルばかりだと、さすがに惑わされてしまうのではないでしょうか。

成功者とみなされた場合は、生活スタイルの投稿もセットになってしまうのでしょうね。

上位会員に会わせようとする

ネットワークビジネスで勧誘目的の場合、上位会員に会わせようとする女性もいます。

上位会員とは部下でもある下位会員の指導・育成に当たる人のこと。

「断りにくい状況を作りだして、ビジネスへの参加を促そうとしているの?」と思われるかもしれません。

たしかにあります。契約するまで帰らせないパターン

グループ内では、長年ネットワークビジネスを断り続けていた人が、景気の悪化でビジネスをはじめたという情報も共有されているそう。

同じような状況であれば、「ネットワークビジネスで成功した人の話だけでも聞いたら参考になると思うよ」と促せますよね。

取り扱っている製品にもよりますが、ビジネスは嫌いだけど製品は買う人もいます。

定期的に会って「状況が変わっていないか」を確認したいのだと思われます。

SNSでポエムを書く

ネットワークビジネスをしている女性は、SNSにポエムを載せている傾向が多いようですね。

ポエムを通じて好感度を上げているのかもしれません。

「X」でも、なぜポエムを書く人が多いのか疑問に感じている人も。

口コミでは「マニュアルが存在しているから」と答えている方もいました。

マニュアルがあります。

特に、マルチに加担してからは人生がすごく楽しい、とか充実しているとか、とにかく自分のやっていることに対し好感を抱かせるようにするのが基本です。

マルチをやめた元友人は、借金が100万くらいありましたが、やはりSNSや対面でそんな事を話してましたね。聞いたらマニュアルがあって、それに従ってる、と言うような話でした。

引用:Yahoo!知恵袋

前向きな言葉でいいけどね!

ファストフード店でミーティングしている

ネットワークビジネスに参加している女性には、ファストフード店を利用する会員もいます。

なぜ、ファストスード店を勧誘に利用するのか、目的をまとめてみました。

  • アクセスのしやすさがある
    ファミレスは日本中どこにでもありますよね。ほとんどの人が知っているため、勧誘の場所として指定しやすく、集まりやすいためファストフード店が勧誘の場所として選ばれています。
  • 低コストで長時間滞在できる
    ドリンクバーのみで何時間も過ごせるので、経済的にも負担がかかりません。
  • 公共の場所である
    完全に閉ざされた空間での勧誘は違法です。ファストフード店は完全に公共の場であるため、勧誘される側もある程度安心感を持てます。
  • 利便性がある
    24時間営業している場所が多く、事前に場所を予約する必要もありませんよね。勧誘者側も計画が立てやすく、ターゲットが突然時間を変更しても対応しやすい点が好まれているようです。

ネットワークビジネスは、法律で禁止されているわけではないですしね。

問題なのは、販売目的を伏せてファストフード店に呼び出す行為です。

違法な勧誘に巻き込まれた場合は、公共の場であるファストフードの利点をいかして、店員に助けを求めるなど対処してください。

「旅」「ビジネス」「スキマ時間」などのキーワードが並ぶ

勧誘目的の女性のメッセージには、以下の特徴があります。

  • スキマ時間で
  • SNSで楽しく
  • 旅×ビジネス
  • SNSだけで海外移住

大学生や若者をターゲットにしているパターン

「怪しいビジネス」の場合は、具体的な事業内容や会社名が記載されていないのも特徴です。

セミナーに勧誘して製品や情報商材を勧めるパターンと、ウェブサイトに誘導して課金を迫るパターンの2種類があります。

上記のキーワードが並んでいる場合は、返信しないことをおすすめします。

すぐにLINEの交換を求めてくる

ネットワークビジネスで勧誘目的の女性は、LINEの連絡先を聞いてきます。

以前はメルマガへの登録を促していましたが、迷惑メールフォルダーに振り分けられる事案が増えてきているため、LINEを利用するパターンに変わってきているのです。

友達登録してくれれば電話もできるしね

LINEであれば一度にたくさんの情報が送れますよね。

ただし、LINEの公式サイトを見ると、以下の内容は禁止されています。

 連鎖販売取引        

 【商品・サービス】

 ねずみ講、マルチ商法・MLM、ネットワークビジネス

【掲載できないケース】

 ・連鎖販売取引およびこれらに類する業態で営業を行うもの

 ・無限連鎖講(いわゆるねずみ講)へ勧誘、または紹介するもの

引用:LINE公式アカウントガイドライン

勧誘目的でLINEを使うと、BAN(利用禁止)のリスクが高まりますので注意してください。

DMでの質問が多い

SNSのDMを利用して勧誘するパターンですよね。

  • 今は何の仕事をしているんですか?
  • なぜその仕事をしようと思ったんですか?
  • 目標は何ですか?
  • 仲良くしてください!

アカウントも普通の人みたいだし……

上記の言葉を言われると、親近感が湧くものですよね。

とにかく質問責めの場合は、ビジネスに関連する可能性が大!セミナーへの参加を促される場合も視野に入れておきましょう。

とくに一般人を装っている場合は、勧誘の可能性が高いので気をつけてくださいね。

ネットワークビジネスは主婦もハマる理由

近年では、主婦もネットワークビジネスにハマる人が増えてきてるのだとか。

ネットワークビジネスのターゲットは、なぜ主婦なのか解説していきます。

家事や育児の合間にできる

主婦は家事や育児に追われるので、自分の時間やキャリアを持ちにくい状況にありますよね。

社会から隔離されたような気持ちになっちゃうよね

ネットワークビジネスの魅力は「家事の合間にできる」「スキマ時間にビジネスができる」点ではないでしょうか。

以前は定期収入のある会社員やOLが主なターゲットで、高額な受講料を設定したビジネスが流行しました。

参加者の飽和により稼げなくなったという経緯から、専業主婦、シングルマザーなどを積極的に勧誘しています。

主婦は一般的に、9時~18時までの仕事に縛られないので、自宅での時間を自由に管理できますよね。

子どもが学校に行っている間に、「ビジネスをする」に変わってきているのだと思われます。

収入を増やしたい主婦が増えているから

家計を助けるために、少しでも家にお金を入れたいと思っている主婦もいるでしょう。

専業主婦の場合、「自分で収入を得たい」と思う人も少なくありません。

ネットワークビジネスは初期投資が比較的低く、自宅でも行えるため、魅力的に見えます。

副業感覚でネットワークビジネスをする方も増えてきているのが現状のようです。

ただし、「パート先で勧誘したら上司に怒られた」「ママ友に商品を紹介したら避けられるようになった」といった事案も。

ネットワークビジネスはお金が絡むため、パート先やママ友間で推奨する際は慎重になるべきでしょう。

善意で紹介したとしても、トラブルの原因になりがちなので、気を付けてください。

ママ友や近所の人に誘われると断れない

開催場所は、公民館、ヨガ教室、自宅などが選ばれるようですね。

アロマスプレーを作ったり、健康食品を試食したりと、女性の興味を引くような製品ばかり。

近所の人やママ友から「一緒にやらない?」と誘われて、断りづらく参加してしまった方もいるでしょう。

ママ友に誘われてしまうと、ネットワークビジネスの仕組みや問題点を見抜けず、安易に参加してしまう方もいるようです。

ボスママの関係ほど面倒なものはないね

身近な人からの勧誘は、断りにくいですよね。

ネットワークビジネスで成功している女性の共通点5選

ネットワークビジネスの魅力にハマり、実際にビジネスをしている方もいるでしょう。

今では主婦の間にまで普及していますが、はたして成功するためにはどのような努力が必要なのでしょうか。

ネットワークビジネスで成功している女性の共通点5選
  • もうけようと思っていない人
  • プレイヤーではなく胴元になる
  • 社会貢献への意欲が強い
  • 規制が緩かった時代の人

もうけようと思っていない人

『Quora』の質問に「ネットワークビジネスで成功している人の特徴を知りたい」という質問が掲載されていました。

実際に成功している人はいるようです。

知り得る限り唯一、信頼も得ている成功者モデルがいます。

元々マルチリンガルで、健康食品の論文に目を通すような人が、MLMに出会いました。

市販よりは原価率が高いこともあり(すべてのMLMが原価率が高いとは限りません)、そこの会社を気に入ったようです。

結果、その人が好きな製品を「めっちゃいいよこれ!」と広め、付随する情報や知識も広めた結果、チーム基盤が出来上がり、お返しに別業種から情報が還ってくるようになったそうです。

つまり、「成功してやろう」「儲けよう」と思わない人ほど収入を得るようです。

社会は、与えると還ってくるように出来ているのでしょう。

引用:Quora

マルチリンガルって…3ケ国語以上はなせないとダメなのか……

プレイヤーではなく胴元になる

『Quora』では、「100%儲かっている人の共通の特徴」に答えている投稿者さんがいました。

その特徴とは、プラットフォーマー(胴元)であるということです。彼らはシステムを保有し、システムのルールを決定することができます。容赦無いEXITも可能です。

ネットワークビジネス(あるいはMLM、ギャンブル、CGM、他)で多くの報酬を目指す時、強いプレイヤーになる事を目指してはいけません。

仮に強いプレイヤーになったとしてもリターンはたかが知れています。その能力を、プラットフォーム提供者として発揮する事を推奨します。

引用:Quora

「高い報酬を得たとしても、企業システムの中の話ですよ」と言っていますね。

会員の収入は、企業が決めた仕組みに依存しているため、「限界がある」と。

ネットワークビジネスで本当に大きな収入を得たいなら、会員として活動するのではなく、運営側を目指すべきと助言していました。

社会貢献への意欲が強い

ネットワークビジネスで成功している女性は、女性の権利、教育支援などの社会問題に関心が高く、慈善活動に積極的に取り組んでいます。

2024年2月には、災害支援活動中の出来事が話題になったケースも。


炊き出し用の豚汁に、ミネラルサプリメント(液体形態)を無断で加えたメンバーのソーシャルメディア投稿が注目を集め、ネット上で大きな議論を呼びました。

社会貢献をうたいながら、実際には利益のみを追求していたり、製品の効果を誇張して宣伝していたりする例も見受けられます。

自社製品で社会貢献するのではなく、がれき撤去、泥だしといったボランティアであれば見方が変わっていたのかもしれません。

規制が緩かった時代の人

『Quora』で、「ネットワークビジネスで成功した人の共通点」の質問に答えている投稿者がいます。

(中略)

MLMの成功者とは「規制がゆるく、夢があった頃に活動した人」が絶対条件です。

(中略)

引用:Quora

日本だと厳しいかもね!

ネットワークビジネスで収入を得るには多くの下位メンバーを集める必要がありますよね。

結果的に誰かの犠牲の上に成り立っているビジネスモデルなのです。

表彰式も同じメンバーばかりといった口コミも多いよね

全員が勝者になることは数学的に不可能なのかもしれません。

ネットワークビジネスで誘いにくいタイプの共通点

ネットワークビジネスでは口コミや勧誘が必須条件。残念ながら誘いにくいタイプの人もいます。

ここでは、ネットワークビジネスに誘いにくい人をまとめてみました。

ネットワークビジネスで誘いにくいタイプの共通点
  • 常に疑問を持っている人
  • 時間やお金に余裕がない人
  • すでにネットワークビジネスをしている人

常に疑問を持っている人

「実績は?」「リスクは?」「商品の価格は妥当?」「見落としている点は?」など、細かな数字や質問を投げかけてくる人ですよね。

常に疑問を持っている人は、ネットワークビジネスの勧誘に乗りにくいと言われています。

消費者庁は、ネットワークビジネスに関する消費者トラブルが後を絶たないことから、引き続き注意を促す姿勢を崩していません。

中には、ネットワークビジネスに否定的な方もいますよね。

インターネットで情報を収集し、ネットワークビジネスの問題点や批判的な意見にも目を通すでしょう。

このような状況の中で相手の疑問に即答できない場合、「誘いにくい」と思うはずです。

時間やお金に余裕がない人

ネットワークビジネスでは、初期費用や商品の購入、セミナー参加などにお金と時間がかかります。

資金的に余裕のない人にとって、上記の出費は大きな負担ですよね。

時間やお金に余裕がない人には下記のケースがあげられます。

  • 出張が多い人
  • 休日出勤が常態化している
  • 育児休業中の会社員
  • 在宅で介護している人
  • 借金している人
  • 公的支援を受けている人
  • 副業が禁止されている人

たしかにビジネスの余裕がないもんね……

経済的に余裕がなかったり、仕事や家事で忙しかったりする人は、誘いにくい人と言えます。

すでにネットワークビジネスをしている人

当たり前ですが、すでに他社でネットワークビジネスをしている人は、誘いにくいかもしれませんね。

というのもネットワークビジネスの掛け持ちに対して、かなり厳しいペナルティを課している企業もあります。

報酬がカットされる可能性があるよ

誘う側も、ネットワークビジネスをしていないか十分に確認しましょう。

掛け持ちするときは規約を確認してください。

まとめ

今回は、ネットワークビジネスにハマっている女性や、誘いにくい人などを紹介してきました。

ネットワークビジネスにハマってしまう女性の特徴5選
  • 承認欲求が満たされるから
  • 副業として都合がいいビジネスだから
  • 人とのつながりを求めているから
  • はじめは怪しいと疑っていた人
  • お世話になっている人から紹介された

勧誘目的の女性の特徴も参考にしてみてください。

ネットワークビジネスにハマる女性は、人とのつながりや、副業としての魅力を感じている点ではないでしょうか。

「憧れの人がやっているから」や「スキマ時間に収入が増やせるから」と思っている人が多いのかもしれませんね。

ネットワークビジネスで誘いにくいタイプの共通点
  • 常に疑問を持っている人
  • 時間やお金に余裕がない人
  • すでにネットワークビジネスをしている人

疑問を持つ人や余裕のない人は誘いにくい傾向があるようです。

共通点をあらかじめ知って、トラブルを未然に防いでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です