ホーム > 3/6開催 第11回 商工会館主催異業種交流会「明日の会」実施報告

3/6開催 第11回 商工会館主催異業種交流会「明日の会」実施報告

2018年03月07日(水)1:39 PM

 「明日の会」とは
  港区立商工会館では、港区及び近隣の中小企業の皆さんが気軽に参加できる交流会を行っています。
  日本一敷居の低い異業種交流会をスローガンに、名刺交換のみならず、ディスカッション・ワーク
  等に重きを置き、参加企業の皆さんが懇親を深めやすい交流会にしています。

 

 ■第11回報告
  1.開催日時  :2018年3月6日(木)18:00~20:30

  2.交流会実施内容
   (1)ミニセミナー&グループディスカッション
      テーマ:「言葉(コミュニケーション)について考えよう」
      講師 :梶原 しげる
      <内容>
      日々、部下や上司、取引先の担当者と円滑にコミュケーションをとれずにいる方
      プレゼンテーションや会議などで言いたいことが思うように伝わらず困っている方
      そんな皆様に、今回は言葉(コミュニケーション)について考えていただきました。
      コミュニケーションが苦手な方や得意な方。そして、管理職・経営者の皆様が雑談
      名人になれる話のネタ作りに大いに役立ちました。

 

       経営者が雑談で使える!梶原しげるの「怪しい講義」
       ~呼称を中心に「日本語」を味わう「言葉について」~

 

        1:カーリング女子「そだね〜」の、ただしいアクセント

 

        2:「おじさん」「おばさん」は何歳から?
         辞書による違い&全国最新調査

 

        3:おまわりさんは、私たちを「何と呼ぶ?」


        4:社長さんで一番多い、下の名前は?

 

        5:自分の母親を「はは」と呼んだのはいつの時から?
         「敬語の法則、うち・そと問題」

 

        6:「呼び方」を変える「流行歌の力!」
         「白夜」「花街」「家並」「精霊流し」

 

       等、何気ない日本語の向こう側に潜む謎のいくつかを面白おかしく
       お話しいただきました。

  (2)企業紹介

  (3)名刺交換

 

 3.参加企業社数 :27社(初参加10社)

 

 4.状況
  話のプロである講師の話術に引き込まれ、あっという間の60分のセミナーでした。
  そのあと行ったグループディスカッションも大いに盛り上がり充実した交流会となりました。
  その後行われた懇親会(自由参加)も大盛況だったそうです。

 

 5.交流会の様子