ホーム > 3/6開催 港区立商工会館主催 異業種交流会「明日の会」参加者募集のご案内

3/6開催 港区立商工会館主催 異業種交流会「明日の会」参加者募集のご案内

2018年01月23日(火)8:00 AM

   

           日本一敷居の低い異業種交流会

    「明日の会」開催のお知らせ


 
           3/6開催 第11回異業種交流会『明日の会』参加企業募集のご案内

 

  港区立商工会館では港区及び近隣の中小企業の皆さんが気軽に参加できる
      異業種交流会を行っています。
  サブタイトルの通り、日本一敷居の低い異業種交流会をスローガンに名刺
      交換のみならず、楽しいセミナーやグループディスカッション等に重きを
      置き、参加企業の皆さんが懇親を深めやすい交流会にしています。

 

  ■開催日時 :2018年3月6日(火) 

           18:00~20:30  交流会(参加費無料)

                           20:45~       懇親会(希望者のみ、要事前予約)

                                                        会費3000円(予定)

 

      ■交流会会場:港区立商工会館 研修室

 

      ■交流会内容:◆講演&グループディスカッション
                              テーマ:「言葉(コミュニケーション)について考えよう」 
                              講師 :梶原 しげる              

 

         <内容>
         
日々、部下や上司、取引先の担当者と円滑にコミュケーションをとれて
         いますか?プレゼンテーションや会議などで、言いたいことが思うように
   伝わらず困ってはいませんか?

 

          今回は言葉(コミュニケーション)について、皆様で面白おかしく考えて
         いきたいと思います。コミュニケーションが苦手な方や得意な方。そして、
         管理職・経営者の皆様が雑談名人になれる話のネタとして!
         是非とも御参加ください。

 

         講師には、しゃべりのプロ、フリーアナウンサーの梶原しげる氏をお迎え
     してビジネスの現場で
活かせる“コミュニケーションが楽しくなるコツ”を
       伝授します。

 

        「ひっかかる日本語」

       ・銀ブラは、銀座をブラブラじゃない?

       ・記者会見でしばしば耳にする「申し訳ございません」は間違った日本語?

       ・ハンコ屋さんが印鑑を売ることはないってホント?

       ・初めて使うコンビニのトイレに「いつも、キレイに使っていただきあり
          がとうございます」初めてなのに「いつも」の理由?

       ・アナウンサーとタレントは、東京03を、別の読み方をする?

 

        何気ない日本語の向こう側に潜む謎のいくつかをグダグダとお話しします。

 

                        

     <講師紹介>   

1950年生まれ。文化放送に入社し92年フリーとなる。

バラエティーから報道まで数々の番組に出演し、49歳で

東京成徳大学大学院心理学研究科で心理学修士号を取得
する。

著書「口のきき方」(新潮新書)が15万部突破!
世の中の記者会見にモノ申す自身のブログ「会見観察人」
                           が大好評!
                           https://ameblo.jp/kajiwara-kaiken

 

 

 

   ■お申込方法     港区立商工会館宛に直接お電話か、下記申込書をダウンロード
                          して
必要事項をご記入のうえ施設窓口またはFAXにてご提出
                          ください。

 

                          第11回コンベンション申込書         

 

                          TEL:03-3433-0862 FAX:03-3436-2498